五節の淵酔(読み)ごせちのえんずい

  • ごせち
  • の 淵酔(えんずい)
  • 五節
  • 五節の×淵酔

精選版 日本国語大辞典の解説

(「淵酔」は深く酔う意) 五節第二日の寅の日に殿上で催す宴会。公卿・殿上人などが、朗詠・今様などをうたい、酒三献(さんこん)の後、乱舞がある。
※今鏡(1170)六「五せちのえんすいの今様などに、権現謡ひ給ひける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android