コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五鈷鈴 ゴコレイ

デジタル大辞泉の解説

ごこ‐れい【五×鈷鈴】

金剛鈴(こんごうれい)の一。五鈷杵(ごこしょ)の一方に鈴がついたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごこれい【五鈷鈴】

五鈷杵ごこしよの一端に鈴をつけたもの。金剛鈴の一種。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の五鈷鈴の言及

【密教法具】より

…柄の形により独・三・五・九鈷鈴,宝珠・塔鈴などがある。五鈷鈴は空海請来鈴(東寺)をはじめ作例が多い。独・三鈷鈴,宝珠・塔鈴は那智経塚出土(平安時代後期)が初出である。…

【鈴】より

…金剛杵が煩悩を破る武器としての形状を杵の両端に示しているのに対して,金剛鈴は仏を驚覚・歓喜させる目的で手で振り鳴らすベルであり,小さな釣鐘状の響銅(さはり)製本体に,内部に吊るした舌が当たって澄んだ音がする。保持するための柄の先が金剛杵の片側と共通する形状で,その部分の形の差異により,独鈷(どつこ)鈴,三鈷鈴,五鈷鈴,宝珠鈴,塔鈴などと呼ばれる。密教法会で導師が用いるが,似た形状の鈴を御詠歌の伴奏にも用いる。…

※「五鈷鈴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五鈷鈴の関連情報