コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密教法具 みっきょうほうぐ

2件 の用語解説(密教法具の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

密教法具
みっきょうほうぐ

天台,真言の両宗における灌頂,護摩など密教の修法に用いる道具の総称。華鬘 (けまん) ,幡,三具足 (みつぐそく) などの堂内荘厳 (しょうごん) 具とは区別される。密教寺院では本尊や,両界曼荼羅の前にそれぞれ修法壇である大壇が設けられ,各種の法具を置く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みっきょうほうぐ【密教法具】

密教の修法を行うために用いる特有の仏具。密教法具は当初,最澄,空海,常暁,円行,円仁,恵運,円珍,宗叡の入唐八家によって請来されたが,おのおのに若干の異同があって整合性を欠く。この時代のものを大別すると金剛杵(こんごうしよ)と金剛鈴(こんごうれい)が主流をなし,異種に独鈷(どつこ)杵の端に宝珠をつけた金錍(こんべい)があり,そのほか輪宝(りんぼう),羯磨(かつま),四橛(しけつ),盤子(ばんし)(金剛盤),閼伽盞(あかさん),護摩(ごま)炉,護摩杓などがあるが,供養具まで完備するには至っていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

密教法具の関連キーワード息災法御修法行法五壇護摩堂四橛尊勝法大法五壇の法酥油

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

密教法具の関連情報