井上 江花(読み)イノウエ コウカ

20世紀日本人名事典の解説

井上 江花
イノウエ コウカ

明治・大正期の新聞記者 「高岡新報」主筆。



生年
明治4年3月20日(1871年)

没年
昭和2(1927)年3月11日

出生地
石川県

本名
井上 忠雄

学歴〔年〕
ニコライ神学校卒

経歴
加賀藩士の家に生まれるが、青年期に富山県高岡へ移住。上京してニコライ神学校に学んだのち牧師となったが、明治33年高岡新報社に入社して新聞記者に転じた。40年同紙主筆。富山県下の各地を訪問して書いた紀行文やルポにすぐれた才能を発揮し、黒部峡谷を旅したレポートは同紙の大きな呼び物となった。大正7年に富山県魚津を皮切りに米騒動が起こると富山県下の漁村を取材し、女たちの活躍を“女一揆”として報道。また富山のみならず名古屋や大阪などの米騒動についても詳細なレポートを発表するが、過激で先鋭的な報道のため、内務大臣によって米騒動報道の禁止を命ぜられた。博交を求めず、日々著述に明け暮れたという。著書に「江花叢書」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android