コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上並古 いのうえ へいこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上並古 いのうえ-へいこ

?-1798 江戸時代中期-後期の武士。
豊後(ぶんご)(大分県)岡藩士。藩主中川久貞の内政に参与,明和8年藩札を発行する。不時の災害にそなえる助合米制などの諸施策をおこない,三宅山(みやけやま)山麓(さんろく)を開拓。奉行,大小姓番頭(ばんがしら)をへて,一代家老となる。寛政10年5月死去。本姓は古田。通称は主水左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上並古の関連キーワードヘルウェティア共和国ゴルチャコフフェリス目黒道琢オファイトアラブ文学ケンタッキー・バージニア決議アイルランド反乱アイルランド問題コールリッジ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android