井上山経塚(読み)いのうえやまきょうづか

防府市歴史用語集の解説

井上山経塚

 1987年に井上山の西斜面から偶然見つかった経塚[きょうづか]です。銅製の筒に紙の経典[きょうてん]8巻が残っていました。12世紀頃の経塚と考えられます。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android