コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上清太郎 いのうえ せいたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上清太郎 いのうえ-せいたろう

1852-1936 明治-大正時代の土木技術者。
嘉永(かえい)5年生まれ。オランダ人技師デ=レーケ砂防工法をまなぶ。内務省土木局職員となり,淀川,富士川などの改修にたずさわる。明治27年第5区土木監督署(大阪)に転じ,はげ山となっていた田上(たなかみ)山(滋賀県)の砂防につくした。昭和11年1月死去。85歳。京都府出身。著作に「砂防大意」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上清太郎の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android