富士川(読み)ふじかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士川
ふじかわ

静岡県中部,富士市南西部の旧町域。富士川の下流右岸に位置する。1901年町制。1957年松野村を編入。2008年富士市に編入。縄文時代前期に属する木島式土器文化の遺跡群が発見されており,開発は古い。中心集落の岩淵は近世には富士川渡船,甲州方面からの「下げ米」などの舟運河港として繁栄。東海道の岩淵宿も置かれた。豊富な富士川の地下水を利用した軽金属,製紙などの工場が立地。西部の庵原山地ではミカン栽培が行なわれる。

富士川
ふじがわ

山梨県および静岡県中央部を南流駿河湾に注ぐ川。全長 128km。赤石山脈に発する釜無川関東山地に発する笛吹川甲府盆地の南縁鰍沢 (かじかざわ) 付近で合流して富士川となる。赤石山脈の前山の巨摩山地天守山地との間に深い峡谷をつくって南流し,下流に扇状地を形成して駿河湾に注ぐ。「日本三急流の1つ」といわれる急流で,包蔵水力も大きく発電所が多い。かつては甲府盆地と東海地方を結ぶ舟運に利用された。下流域には伏流水を利用しての製紙業が発達している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじ‐がわ〔‐がは〕【富士川】

山梨県北西部を流れる釜無(かまなし)川と、同県北東部を流れる笛吹川が甲府盆地で合流し、富士山西側を南流して駿河湾に注ぐ川。最上川球磨川とともに日本三大急流の一。長さ128キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

富士川【ふじがわ】

長野・山梨・静岡3県にまたがる川。長さ128km。流域面積3990km2。上流部の釜無川笛吹川が市川大門町(現・市川三郷町)付近で合流し,深い峡谷を刻んで南下,富士市西端で駿河湾に注ぐ。《万葉集》には不尽河とみえ,日蓮の書状には富士河は日本第一の早い川と記している。江戸時代には米・塩・海産物などが舟運によって運ばれた。河谷は古来,甲府盆地と東海地方を結ぶ連絡路に利用され,身延線が開通するまで舟運も盛んであった。水量が豊かで発電所が多い。
→関連項目鰍沢[町]芝川[町]下部[町]富沢[町]中富[町]南部[町]富士[市]富士川[町]富士川[町]増穂[町]身延[町]身延山地六郷[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじがわ【富士川】

山梨・長野県境から山梨県西部を流れ,静岡県に入り駿河湾に注ぐ川。幹川流路延長128km,全流域面積3990km2。赤石山脈北部,駒ヶ岳(2966m)の西に源を発し,八ヶ岳すそ野の断層線に沿って流れる釜無川が,甲府盆地南部,市川大門町で笛吹川を合して富士川となる。甲府盆地の水を集め,盆地南端の鰍沢(かじかざわ)町付近から,富士山西麓の天子山地と身延山地の間に峡谷をつくりながら南流,身延町の北で西から早川が合流する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふじかわ【富士川】

姓氏の一。

ふじかわ【富士川】

山梨県北西部を流れる釜無かまなし川を上流とし、同県北東部を流れる笛吹川を甲府盆地で合わせて南流し、駿河湾に注ぐ川。日本三急流の一。長さ128キロメートル。ふじがわ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(山梨県・静岡県)〕富士川(ふじがわ)


長野県南東部と山梨県北西部の県境から山梨県西部を経て静岡県中部へ流れる川。1級河川(富士川水系)。延長128km。流域面積3990km2。出羽(でわ)の最上(もがみ)川・肥後(ひご)の球磨(くま)川などとともに「日本三急流」の一つに数えられる。中流で笛吹(ふえふき)川と合流するまでの上流部は釜無(かまなし)川とよばれる。山梨県内では「ふじかわ」とも。赤石山脈(南アルプス)北部の鋸(のこぎり)山(標高2685m)西腹に源を発した釜無川が長野・山梨県境を北東流、ついで南東流して甲府(こうふ)盆地に流出、盆地南西部で笛吹川と合流して富士川と名を変え、身延(みのぶ)山地と天子(てんし)山地の間を峡谷をなして流れ下り、富士山南西麓に扇状三角州を形成して駿河(するが)湾奥に流出する。1607年(慶長12)角倉了以(すみのくらりょうい)によって現静岡県富士市岩淵(いわぶち)と山梨県鰍沢(かじかざわ)町の間に水路が開かれ、「上り塩、下り米」の高瀬舟(たかせぶね)水運が盛んになった。河口東岸に集中する製紙・パルプ工場の工業用水としても重要。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

事典・日本の観光資源の解説

富士川

(山梨県・長野県・静岡県)
日本三急流指定の観光名所。

富士川

(静岡県)
日本百景」指定の観光名所。

富士川

(山梨県南巨摩郡南部町)
ふるさとの水辺百選」指定の観光名所。

富士川

(山梨県南巨摩郡鰍沢町)
ふるさとの水辺百選」指定の観光名所。

富士川

(山梨県甲斐市)
ふるさとの水辺百選」指定の観光名所。

富士川

(山梨県南アルプス市)
ふるさとの水辺百選」指定の観光名所。

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

世界大百科事典内の富士川の言及

【甲斐国】より


【中世】
 甲斐源氏勃興のときは源平争乱期であった。1180年(治承4)信義は以仁王(もちひとおう)の令旨(りようじ)を奉じ,その子一条忠頼,弟安田義定ら一族を率いて挙兵し,富士川の戦で奇襲戦法によって平維盛の軍を敗走させ,その功で信義は駿河守護,義定は遠江守護に補任された。その後源頼朝の政権が強化されるにともない,甲斐源氏の地位は相対的に低下するが,木曾義仲追討,平家討滅等に転戦し,鎌倉幕府の創業に貢献した。…

【蒲原[町]】より

…人口1万4040(1995)。富士川河口西岸に位置し,南は駿河湾に臨む。古くから東海道の宿駅として繁栄した交通の要地で,現在も東海道本線,国道1号線が通じる。…

※「富士川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富士川の関連情報