コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士川 ふじかわ

9件 の用語解説(富士川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士川
ふじかわ

静岡県中部,富士市南西部の旧町域。富士川の下流右岸に位置する。1901年町制。1957年松野村を編入。2008年富士市に編入。縄文時代前期に属する木島式土器文化の遺跡群が発見されており,開発は古い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

富士川
ふじがわ

山梨県および静岡県中央部を南流し駿河湾に注ぐ川。全長 128km。赤石山脈に発する釜無川関東山地に発する笛吹川甲府盆地の南縁鰍沢 (かじかざわ) 付近で合流して富士川となる。赤石山脈の前山の巨摩山地天守山地との間に深い峡谷をつくって南流し,下流に扇状地を形成して駿河湾に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじ‐がわ〔‐がは〕【富士川】

山梨県北西部を流れる釜無(かまなし)川と、同県北東部を流れる笛吹川が甲府盆地で合流し、富士山の西側を南流して駿河湾に注ぐ川。最上川球磨川とともに日本三大急流の一。長さ128キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

富士川【ふじがわ】

長野・山梨・静岡3県にまたがる川。長さ128km。流域面積3990km2。上流部の釜無川笛吹川が市川大門町(現・市川三郷町)付近で合流し,深い峡谷を刻んで南下,富士市西端で駿河湾に注ぐ。
→関連項目鰍沢[町]芝川[町]下部[町]富沢[町]中富[町]南部[町]富士[市]富士川[町]富士川[町]増穂[町]身延[町]身延山地六郷[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

富士川

山梨県南巨摩郡富士川町にある道の駅。国道52号に沿う。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじがわ【富士川】

山梨・長野県境から山梨県西部を流れ,静岡県に入り駿河湾に注ぐ川。幹川流路延長128km,全流域面積3990km2。赤石山脈北部,駒ヶ岳(2966m)の西に源を発し,八ヶ岳すそ野の断層線に沿って流れる釜無川が,甲府盆地南部,市川大門町で笛吹川を合して富士川となる。甲府盆地の水を集め,盆地南端の鰍沢(かじかざわ)町付近から,富士山西麓の天子山地身延山地の間に峡谷をつくりながら南流,身延町の北で西から早川が合流する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじかわ【富士川】

姓氏の一。

ふじかわ【富士川】

山梨県北西部を流れる釜無かまなし川を上流とし、同県北東部を流れる笛吹川を甲府盆地で合わせて南流し、駿河湾に注ぐ川。日本三急流の一。長さ128キロメートル。ふじがわ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(山梨県・静岡県)〕富士川(ふじがわ)


長野県南東部と山梨県北西部の県境から山梨県西部を経て静岡県中部へ流れる川。1級河川(富士川水系)。延長128km。流域面積3990km2。出羽(でわ)の最上(もがみ)川・肥後(ひご)の球磨(くま)川などとともに「日本三急流」の一つに数えられる。中流で笛吹(ふえふき)川と合流するまでの上流部は釜無(かまなし)川とよばれる。山梨県内では「ふじかわ」とも。赤石山脈(南アルプス)北部の鋸(のこぎり)山(標高2685m)西腹に源を発した釜無川が長野・山梨県境を北東流、ついで南東流して甲府(こうふ)盆地に流出、盆地南西部で笛吹川と合流して富士川と名を変え、身延(みのぶ)山地と天子(てんし)山地の間を峡谷をなして流れ下り、富士山南西麓に扇状三角州を形成して駿河(するが)湾奥に流出する。1607年(慶長12)角倉了以(すみのくらりょう)によって現静岡県富士市岩淵(いわぶち)と山梨県鰍沢(かじかざわ)町の間に水路が開かれ、「上り塩、下り米」の高瀬舟(たかせぶね)水運が盛んになった。河口東岸に集中する製紙・パルプ工場の工業用水としても重要。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の富士川の言及

【甲斐国】より


【中世】
 甲斐源氏勃興のときは源平争乱期であった。1180年(治承4)信義は以仁王(もちひとおう)の令旨(りようじ)を奉じ,その子一条忠頼,弟安田義定ら一族を率いて挙兵し,富士川の戦で奇襲戦法によって平維盛の軍を敗走させ,その功で信義は駿河守護,義定は遠江守護に補任された。その後源頼朝の政権が強化されるにともない,甲斐源氏の地位は相対的に低下するが,木曾義仲追討,平家討滅等に転戦し,鎌倉幕府の創業に貢献した。…

【蒲原[町]】より

…人口1万4040(1995)。富士川河口西岸に位置し,南は駿河湾に臨む。古くから東海道の宿駅として繁栄した交通の要地で,現在も東海道本線,国道1号線が通じる。…

※「富士川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

富士川の関連キーワード赤岳都留毛無山帝釈山脈山梨県北都留郡山梨県南都留郡西桂町長野県北安曇郡池田町長野県北安曇郡小谷村長野県南佐久郡川上村田代山湿原

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富士川の関連情報