コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田上山 たなかみやま

2件 の用語解説(田上山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田上山
たなかみやま

滋賀県南部,信楽山地北西部を形成する山群の総称。通称湖南アルプス。主峰は太神山で標高 600m。花崗岩山地であるうえに,かつての乱伐のため植生に乏しい。かつては水晶,黄玉石の採掘が行なわれ,東大寺大仏殿造営用木材が切り出されたことでも知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田上山
たなかみやま

滋賀・三重・京都府県境にまたがる信楽(しがらき)山地北西部の山地の総称。主峰の太神(たなかみ)山(大津市、600メートル)のほか、矢筈(やはず)ヶ岳、笹間ヶ岳など500メートル級の山々が連なる。古代には信仰の対象になった山であり、太神山頂上には太神山成就院不動寺がある。奈良(なら)時代には東大寺大仏殿造営用材の切り出しの地で、乱伐のため植生に乏しく、現在でも巨岩の露出が著しく特異な景観をみせる。かつて水晶や黄玉(おうぎょく)石が多量に採掘されたこともあった。現在は湖南アルプスとよばれ、ハイキング客を集める。『万葉集』などに詠まれた山でもあり、三上(みかみ)田上信楽県立自然公園の一部。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田上山の言及

【太神山】より

…田上山,田神山とも書く。滋賀県南部,琵琶湖から流出する瀬田川左岸にある山で,大津市に属する。…

※「田上山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田上山の関連キーワード信楽日光滋賀県甲賀市信楽町江田滋賀県甲賀市信楽町小川滋賀県甲賀市信楽町田代滋賀県甲賀市信楽町勅旨滋賀県甲賀市信楽町長野滋賀県甲賀市信楽町西滋賀県甲賀市信楽町畑滋賀県甲賀市信楽町牧

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田上山の関連情報