コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜南極水 あなんきょくすいSubantarctic Water

1件 の用語解説(亜南極水の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

亜南極水

南半球の亜寒帯域、南極収束線亜熱帯収束線の間に存在する水塊。南極亜寒帯水呼ばれることもある。この水塊の上層500mに亜南極上層水があり、その 下に南極中層水がある。上層水の温度は冬期で4~10度℃、夏期で14度℃、塩分は冬期で33.9~34.9psu、氷の溶ける夏期で33.0psu程度 である。1,500m以深には深層水があって、その下層は南極周極水につながっている。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
海の事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone