コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜南極水 あなんきょくすい Subantarctic Water

1件 の用語解説(亜南極水の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

亜南極水

南半球の亜寒帯域、南極収束線亜熱帯収束線の間に存在する水塊。南極亜寒帯水呼ばれることもある。この水塊の上層500mに亜南極上層水があり、その 下に南極中層水がある。上層水の温度は冬期で4~10度℃、夏期で14度℃、塩分は冬期で33.9~34.9psu、氷の溶ける夏期で33.0psu程度 である。1,500m以深には深層水があって、その下層は南極周極水につながっている。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亜南極水の関連キーワード亜寒帯収束線亜熱帯収束線熱帯収束帯中層水亜寒帯林収束レンズ亜寒帯循環亜寒帯前線亜熱帯前線中暖層

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone