亜硝酸性窒素(読み)アショウサンセイチッソ

デジタル大辞泉の解説

あしょうさんせい‐ちっそ〔アセウサンセイ‐〕【亜硝酸性窒素】

化合物に亜硝酸塩として含まれる窒素。土壌中で水に容易に溶け、余剰化学肥料家畜糞尿などから溶脱し、硝酸性窒素とともに水質汚染の原因となる。また、人体に吸収されるとメトヘモグロビン血症を引き起こす。亜硝酸態窒素

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android