亜酸化銅整流素子(読み)あさんかどうせいりゅうそし(英語表記)copper suboxide rectifier cell

世界大百科事典 第2版の解説

あさんかどうせいりゅうそし【亜酸化銅整流素子 copper suboxide rectifier cell】

多結晶半導体整流素子の一つ。銅板(電気銅)を約1000℃で表面酸化させ,約500℃で焼きなまし,次いで急冷させると,表面に黒色酸化銅(II)CuOの層ができる。このCuO層を取り除いて赤色の酸化(I)Cu2O(亜酸化銅ともいう)の層を露出させ,易融合金を吹き付けるなどして電極(陽極)を作る。基板の銅を陰極にする。この銅と酸化銅(I)との間の整流作用を利用した整流素子で,酸化銅から銅へ流れるのが順電流である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android