交趾船(読み)コーチぶね

精選版 日本国語大辞典「交趾船」の解説

コーチ‐ぶね【交趾船】

〘名〙 江戸時代、長崎の唐人貿易に来航した唐船一種コーチ交趾)からしたててくるもので、二檣網代帆の典型的な中国式ジャンク。広南船。
※増補華夷通商考(1708)三「日本に来る船は、此国の内広南(クワアナン) クイナム 南京 カンナイ 漳州 と云処より来るを交趾舟と云也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android