コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漳州 しょうしゅうZhāng zhōu

世界大百科事典 第2版の解説

しょうしゅう【漳州 Zhāng zhōu】

中国,福建省南部の都市。人口35万(1994)。竜海市と8県を管轄する。九竜江の支流の竜江の北岸にあり,鷹厦鉄道(鷹潭(ようたん)~厦門アモイ))の支線が通っている。南朝梁代に竜渓県が置かれ,宋代は漳,元代は漳州路,明・清代は再び漳州府の治所であった。1951年,竜渓県の市街区に漳州市を設けた。港湾都市として厦門より早く開け,明代には絹織物ショ糖の輸出港として栄えた。厦門発達後も九竜江流域の農産物・紙の集散地であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しょうしゅう / チャンチョウ

中国、福建(ふっけん)省南部、九竜江(きゅうりゅうこう)の支流の西渓下流に沿う地級市。2市轄区、(しょうほ)県、平和(へいわ)県など8県を管轄し、竜海(りゅうかい)市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口497万4000(2014)。宋(そう)代以後、南海貿易の根拠地として栄えたが、アヘン戦争後、開港場となった厦門(アモイ)にその地位を譲った。鷹厦(ようか)線(鷹潭(ようたん)―厦門)のほか竜厦高速鉄道(竜岩(りゅうがん)―厦門)、厦深高速鉄道(厦門―深(しんせん))も通じ、省南部の水陸交通の中心であるとともに、九竜江流域の貨物の集散地となっている。周辺の農産物を利用した缶詰や製糖の食品工業のほか、機械工業が盛ん。芝山(しざん)、南山寺、仰文楼(ぎょうぶんろう)などの名勝、古跡がある。周辺地区からは東南アジアなどに多くの華僑(かきょう)を送り出している。[青木千枝子・河野通博・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の漳州の言及

【福建[省]】より

…そのほかにも安渓の鉄観音茶,政和の白牡丹茶,建甌の水仙茶などの名品があり,技術の改良,機械化が進んだ。果実は福州のリュウガン,かんきつ類,建陽の蓮の実,漳州のレイシなどが有名。とくに漳州の果物市場は盛大で,その種類も多い。…

※「漳州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漳州の関連キーワードチャンチョウ(漳州)特別市フーチエン(福建)省トンシャン(東山)島チウロン(九竜)江ロンハイ(竜海)県林爽文賈似道栄栄寺田竜岩張燮械闘海関

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android