コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漳州 しょうしゅう Zhāng zhōu

2件 の用語解説(漳州の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうしゅう【漳州 Zhāng zhōu】

中国,福建省南部の都市。人口35万(1994)。竜海市と8県を管轄する。九竜江の支流の竜江の北岸にあり,鷹厦鉄道(鷹潭(ようたん)~厦門(アモイ))の支線が通っている。南朝梁代に竜渓県が置かれ,宋代は漳州,元代は漳州路,明・清代は再び漳州府の治所であった。1951年,竜渓県の市街区に漳州市を設けた。港湾都市として厦門より早く開け,明代には絹織物とショ糖の輸出港として栄えた。厦門発達後も九竜江流域の農産物・紙の集散地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しょうしゅう / チャンチョウ

中国、福建(ふっけん/フーチエン)省南部、九竜江(きゅうりゅうこう/チウロンチヤン)の支流の西渓下流に沿う地区級市。浦県、平和県など8県を管轄し、竜海市の管轄代行を行う。総人口450万2746、市轄区人口50万5265(2000)。宋(そう)代以後、南海貿易の根拠地として栄えたが、アヘン戦争後、開港場となった厦門(アモイ)にその地位を譲った。鷹厦(ようか)鉄道の支線が通じ、省南部の水陸交通の中心であるとともに、九竜江流域の貨物の集散地となっている。周辺の農産物を利用した缶詰や製糖の食品工業のほか、機械製造工業が盛んである。芝山(しざん)、南山寺、仰文楼(ぎょうぶんろう)などの名勝、古跡がある。周辺地区からは東南アジアなどに多くの華僑(かきょう)を送り出している。[青木千枝子・河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の漳州の言及

【福建[省]】より

…そのほかにも安渓の鉄観音茶,政和の白牡丹茶,建甌の水仙茶などの名品があり,技術の改良,機械化が進んだ。果実は福州のリュウガン,かんきつ類,建陽の蓮の実,漳州のレイシなどが有名。とくに漳州の果物市場は盛大で,その種類も多い。…

※「漳州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

漳州の関連キーワードコルドバ福建省邯鄲アグラ岡山常州泉州廈門ナグプルБарнаул

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

漳州の関連情報