コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交野八郎 かたのの はちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

交野八郎 かたのの-はちろう

?-? 鎌倉時代の盗賊。
古今著聞集」によると,後鳥羽(ごとば)上皇が指揮する西面の武士たちにより,琵琶(びわ)湖の今津沖で捕らえられた。その際,上皇の問いに「つかまったのは,上皇が舟をこぐ櫂(かい)をあたかも扇のごとくあつかうのをみて急に気力がうせたためです」とこたえたという。のちゆるされて,中間としてつかえた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

交野八郎の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android