コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交野八郎 かたのの はちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

交野八郎 かたのの-はちろう

?-? 鎌倉時代の盗賊。
古今著聞集」によると,後鳥羽(ごとば)上皇が指揮する西面の武士たちにより,琵琶(びわ)湖の今津沖で捕らえられた。その際,上皇の問いに「つかまったのは,上皇が舟をこぐ櫂(かい)をあたかも扇のごとくあつかうのをみて急に気力がうせたためです」とこたえたという。のちゆるされて,中間としてつかえた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

交野八郎の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android