気力(読み)キリョク

大辞林 第三版の解説

きりょく【気力】

困難や障害に負けずに物事をやり通す強い精神力。気持ちの張り。気合。 「最後は-だけで走り通した」 「 -十分」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐りき【気力】

〘名〙 電気の力。
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「伝信機とは越列機篤児(エレキトル)の気力を以て遠方に音信を伝ふるものを云ふ」

き‐りょく【気力】

〘名〙
① 物事をなしとげようとする精神の力。また、心の活動力。元気。気魄(きはく)
※菅家文草(900頃)二「早春内宴、侍仁寿殿、同賦春娃無気力
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)飯坂「捨身無常の観念、道路にしなん、是天の命なりと、気力聊(いささか)とり直し」 〔戦国策‐西周策・赧王〕
② 性的な活力。精力。
※咄本・醒睡笑(1628)六「気力の毒買はう。〈略〉某つれたる女どもの、気力あまりよく候まま、一服飲ませたうて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気力の関連情報