京の着倒れ(読み)キョウノキダオレ

大辞林 第三版の解説

きょうのきだおれ【京の着倒れ】

京都の人は着道楽をして財産を費やしてしまうということ。「大阪の食い倒れ」に対していう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう【京】 の 着倒(きだお)

都の人は、とかくぜいたくな衣服を着ることに心を傾けるあまり、身代を倒してしまう風(ふう)がある。「大阪の食い倒れ」に対していう。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)七「商人のよき衣きたるは他国に異にして、京の着だをれの名は、ますます西陣の織元より出」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android