コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西陣 にしじん

9件 の用語解説(西陣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西陣
にしじん

京都市上京区西部の一地区。西陣織の機業地として知られる。今出川大宮を中心とし,一条通以北,堀川通以西の地区をさすが,ときにはかなり広域をさすこともある。地名は応仁 (おうにん) の乱 (1467~77) 当時,堀川をはさんで東側に布陣した細川勝元の「東陣」に対し,山名宗全 (→山名持豊 ) が西側に布陣して「西陣」と称したことに由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にしじん〔にしヂン〕【西陣】

応仁の乱のとき、西軍の山名宗全が陣を置いたところから》京都市上京区の新町通から西へ千本通に至る、一条通より北の一帯の称。桃山時代からの機業地。
西陣織」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

西陣【にしじん】

京都市上京区の一地区。大宮今出川付近で,名は応仁の乱山名宗全が西軍陣地をはったのに由来。西陣織の生産で知られ,多くの小規模な家内工場,西陣織物館がある。→西陣焼
→関連項目応仁・文明の乱空引機為登糸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

西陣

正式社名「株式会社西陣」。英文社名「NISHIJIN」。卸売業。昭和26年(1951)「有限会社清水鋳工所」設立。同35年(1960)株式会社化にともない、現在の社名に変更。本社は東京都千代田区平河町。遊技機・補給設備会社。群馬県桐生市で発祥。パチンコ・パチスロ機械、パチンコ玉補給装置の開発・製造・販売を行う。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にしじん【西陣】

京都市上京区の地名。西陣織の産地として有名である。地名は応仁・文明の乱において西軍(山名宗全)方の陣所となったことに由来する。この地を西陣と呼んだ初見史料は《蔭涼軒日録》文明19年(1487)正月24日条で,常在光寺の荒廃に触れて〈西陣辺〉と記され,乱後10年目にはすでに地名化していた。その西陣の中心に近い堀川上立売のあたりに現在山名町があり,これは山名宗全邸趾である。西陣の範囲は近世の《京都御役所向大概覚書》によれば〈東ハ堀川を限り,西ハ北野七本松を限り,北ハ大徳寺今宮旅所限り,南ハ一条限り,又ハ中立売通〉であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にしじん【西陣】

〔応仁の乱の際、西軍の山名宗全の陣営が置かれたことから〕 京都市上京区にある機業地区。一条通り以北、堀川以西の地域をさす。家内工業的な機屋が集まり、近世以来絹織物業の中心地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕西陣(にしじん)


京都府京都市上京区北西部から北区南部一帯をさす地域名。
地名は応仁(おうにん)の乱のさい、東軍の細川勝元(かつもと)に対し、西軍の山名宗全(そうぜん)が陣営をおいたことに由来。江戸時代からは高級絹織物西陣織(国の伝統的工芸品に指定)の産地として発展。手機を中心とする中小の機織工場の密集地帯だったが、近年ビル化が顕著。西陣織会館がある。

〔京都府〕西陣(にしじん)


京都市上京(かみぎょう)区北西部の機業地区。地名は応仁(おうにん)の乱のさい、東軍の細川勝元(ほそかわかつもと)に対し、西軍の山名宗全(やまなそうぜん)が陣営をおいたことに由来。江戸時代からは高級絹織物の産地として発展。手機を中心とする中小の機織工場の密集地帯だったが、近年ビル化が顕著。西陣織物会館がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西陣
にしじん

京都市上京(かみぎょう)区の今出川大宮(いまでがわおおみや)を中心とし、ほぼ北は鞍馬口(くらまぐち)通、南は一条通、東は新町(しんまち)通、西は千本(せんぼん)通に及ぶ地域の総称。もとは微高地の原野であったが、応仁(おうにん)の乱(1467~1477)の際、東軍の細川勝元(かつもと)の東陣に対して、西軍の山名宗全(やまなそうぜん)の陣営が置かれたのが西陣の名称の起源である。
 豊臣(とよとみ)秀吉は京都の復興にあたって、堺(さかい)から中国の新しい織物技術を学んだ職人たちを西陣の地に集めた。機業地としての西陣の始まりである。江戸時代には幕府の保護のもとに大いに発展し、元禄(げんろく)時代には機屋数5000軒に及び、高級絹織物としての西陣織の名は全国に知られた。1868年(慶応4)の東京遷都によって一時衰微したが、西欧からジャカード織機などを取り入れて近代化を図り、伝統産業として新たに復活した。伝統技術を生かして帯地、着尺地(きじゃくじ)、ネクタイなどの服飾品から室内装飾品などにわたる高級絹織物が家内工業的に生産されている。機屋のほか、問屋、銀行などもあり、今出川から南の千本通は西陣京極(きょうごく)とよばれ、庶民的な繁華街をなしている。堀川(ほりかわ)今出川には西陣織会館があり、西陣織の実演や、着物ショー、西陣織の製品の展示・即売が行われている。そのほか、旧西陣織物館の建物が市の登録文化財となっている京都市考古資料館や雨宝院(西陣聖天)、晴明神社などがある。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西陣の言及

【絹織物】より

…江戸中期ごろまで日本の絹糸の質は中国産に劣っていたが,国費の流出をふせぐ意味から輸入が制限され,国産の絹糸が用いられるようになると,それが各藩における殖産事業と合致して各地で絹糸,白絹を生産するようになった。【小笠原 小枝】
[日本の絹織物業]
 17世紀における絹織物業の中心地は京都西陣(西陣織)であり,中国からの輸入原料生糸の割当て(糸割符(いとわつぷ))などの点で江戸幕府の手厚い保護を受け,堺や博多などの絹織物業を圧倒しつつ発展していった。幕府は一方で百姓・町人による絹物の着用を厳しく制限しながらも,武士階級には参勤交代,妻子在府制などを通じて江戸における高度な消費生活を強制しており,西陣機業は彼らに高級絹織物の安定した需要を見いだすことができたのである。…

【京都[市]】より

… 市内での就業者数の産業別内訳では製造業が28%(1995)を占め,また市内純生産のうち製造業の占める比率も32%(1994)で,京都市はふつう考えられるよりは工業都市的色彩が強い。京都市の工業は繊維工業を主とし,その代表は市街北西部の西陣を中心とした西陣織で,高級呉服地や帯地の生産が行われ,また元禄年間(1688‐1704)に絵師宮崎友禅によって始められたといわれる友禅染も重要である。そのほか東山の山麓で慶長年間(1596‐1615)から発達した清水焼や,京仏具,京漆器,京扇子など,京都の工業は工芸品的な高級品製造を行う伝統工業に特徴がある。…

【問屋】より

… 近世の商品のなかで大きい地位を占めた呉服は趣味性の強い商品であった関係もあって,蔵物・納屋物とは異なった多様な流通経路をたどった。西陣で織られた絹織物は,上仲買の手をへて下仲買(室町問屋)の手に渡り,それが消費地へ送られるのが原則的な形であったが,京都に本拠をおき,江戸へ進出して発展した大呉服商(越後屋,白木屋,大丸屋など)は,おおむね次のような形をとった。江戸に小売店を設け,そこで販売する呉服を京都で仕入れる際,室町問屋の手を通さず,西陣の地に設けた直営店を通したり,上仲買から直接購入したりした。…

【西陣焼】より

…1730年(享保15)6月20日,京都洛中で発生した大火。いわゆる〈西陣組〉のうち108町を全焼したのでこの名がある。同日昼八つ時(午後2時ごろ),上京上立売通室町西入大文字屋五兵衛居宅から出火,おりからの北東風のち北風にあおられ,西・南方へ延焼,上西陣組,下西陣組,小川組,北野などにまたがる地域を焼亡し,翌朝八つ時に鎮火した。…

【為登糸】より

…中国糸は精巧で高級な絹布の原料として珍重された。白糸は糸割符(いとわつぷ)商人の手により京都西陣へ送られ製織されたが,この糸は為登糸とは言わなかった。17世紀中葉,日本各地で国産生糸が多く生産され,京都に送られるようになり,これを為登糸という。…

【和糸問屋】より

…和糸は17世紀前半から後半にかけて,とくに近江,美濃をはじめとして国内諸国で生産され,京都へ移入されるようになり,生糸供給を補完したが,需要増大と白糸供給の不安定さ,国産奨励政策もあって,18世紀半ばごろまでには京都機業への供給においても大宗を占めるに至った。 和糸問屋は,和糸生産の増大とともに発生し,生産地荷主→京都和糸問屋→糸仲買→西陣織屋・組糸屋等,の流通過程の一端を担った。荷主と糸仲買両方から得る口銭と,荷主に対する前貸金利息とをおもな収入とした。…

※「西陣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西陣の関連キーワード京都府京都市上京区扇町京都府京都市上京区頭町京都府京都市上京区北町京都府京都市上京区栄町京都府京都市上京区竪門前町京都府京都市上京区仲之町京都府京都市上京区中之町京都府京都市上京区西町京都府京都市上京区二町目京都府京都市上京区東町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西陣の関連情報