コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京餉・留支 けいしょう・りゅうしJing-xiang Liu-zhi; Ching-hsiang Liu-chih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京餉・留支
けいしょう・りゅうし
Jing-xiang Liu-zhi; Ching-hsiang Liu-chih

中国,清代に地方の各省が負担した国費と地方経費。国費に充当するため地方から中央の戸部に送られ,国庫に収納され官員の給与などに支出される銀両を京餉,餉銀という。これに対し,地方経費に充当するため地方にとどめ,州県の庫に収納される銀両を留支 (存留支用の意) と呼んだ。京餉には基本額である原定京餉と不足補充のための額外京餉があり,京餉の年額は 800万両程度であった。また戸部への送付は春秋2期と規定されたが,実際は夏冬2期であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android