人口置換水準(読み)ジンコウチカンスイジュン

デジタル大辞泉の解説

じんこうちかん‐すいじゅん〔ジンコウチクワン‐〕【人口置換水準】

《「じんこうおきかえすいじゅん」とも》人口が増加も減少もしない均衡した状態となる合計特殊出生率水準のこと。若年期の死亡率が低下すると人口が減りにくくなるので、この水準値は減少する。
[補説]現在の日本の人口置換水準は、2.07(平成27年、国立社会保障・人口問題研究所)。

じんこうおきかえ‐すいじゅん〔ジンコウおきかへ‐〕【人口置(き)換(え)水準】

じんこうちかんすいじゅん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android