人口置(き)換(え)水準(読み)ジンコウオキカエスイジュン

デジタル大辞泉の解説

じんこうおきかえ‐すいじゅん〔ジンコウおきかへ‐〕【人口置(き)換(え)水準】

じんこうちかんすいじゅん

じんこうちかん‐すいじゅん〔ジンコウチクワン‐〕【人口置換水準】

《「じんこうおきかえすいじゅん」とも》人口が増加も減少もしない均衡した状態となる合計特殊出生率の水準のこと。若年期の死亡率が低下すると人口が減りにくくなるので、この水準値は減少する。
[補説]現在の日本の人口置換水準は、2.07(平成27年、国立社会保障・人口問題研究所)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんこうちかんすいじゅん【人口置換水準】

〔「じんこうおきかえすいじゅん」とも〕
長期的に人口が増加も減少もしない出生水準。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android