コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工授粉 ジンコウジュフン

3件 の用語解説(人工授粉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じんこう‐じゅふん【人工授粉】

人為的に花粉を雌しべにつけてやること。果樹やウリ類でよく行う。人為授粉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人工授粉
じんこうじゅふん

花粉を人工的に授粉すること。一般栽培下の作物の場合には、自然下で雌しべの受ける受精可能な花粉の絶対数を補い、結果率を高める。育種が目的の場合には、目的の雄性親となる花粉を媒助(媒介)するために行う。雌しべに対する授粉の方法はピンセットで葯(やく)をつまんで行う、花粉をつけた綿棒を用いる、増量剤に混ぜた花粉を小型散粉器で吹き付ける、風媒植物ではヘリコプターの風を利用する、など多彩である。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

人工授粉の関連情報