コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工海水 ジンコウカイスイ

3件 の用語解説(人工海水の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じんこう‐かいすい【人工海水】

海水と似た組成で塩類を溶かし込んだ水。海産生物の飼育などに用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人工海水
じんこうかいすい

海水と同様の組成をもち、各成分の比率や濃度もこれに近似するように調製された塩類溶液をいう。海産動物の飼育や、発生学、生理学などの実験に用いる。海産無脊椎(むせきつい)動物の多くは海水に近似したイオン組成、浸透圧、水素イオン濃度(pH)の体液をもっているので、これらの動物から摘出した器官、組織を扱うための生理的塩類溶液としても用いられる。しかし、海水には人工海水に比べなお多くの微量成分があり、これが必要である場合には代用できない。一方、人工海水は海水に比べ成分比率などを比較的自由に変えることができるので、あるイオンの生理的効果を調べる研究などには便利である。人工海水を調製するには、あらかじめ海水と等浸透圧濃度の各塩類溶液をつくり、これらを適当に混合する方法と、純水に適量の各塩類を溶かし込む方法とがある。[馬場昭次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人工海水の関連情報