人工海水(読み)ジンコウカイスイ

大辞林 第三版の解説

じんこうかいすい【人工海水】

無機塩類組成や浸透圧などが天然海水と同じになるように調製した水溶液。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人工海水
じんこうかいすい

海水と同様の組成をもち、各成分の比率や濃度もこれに近似するように調製された塩類溶液をいう。海産動物の飼育や、発生学、生理学などの実験に用いる。海産無脊椎(むせきつい)動物の多くは海水に近似したイオン組成、浸透圧、水素イオン濃度(pH)の体液をもっているので、これらの動物から摘出した器官、組織を扱うための生理的塩類溶液としても用いられる。しかし、海水には人工海水に比べなお多くの微量成分があり、これが必要である場合には代用できない。一方、人工海水は海水に比べ成分比率などを比較的自由に変えることができるので、あるイオンの生理的効果を調べる研究などには便利である。人工海水を調製するには、あらかじめ海水と等浸透圧濃度の各塩類溶液をつくり、これらを適当に混合する方法と、純水に適量の各塩類を溶かし込む方法とがある。[馬場昭次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人工海水の関連情報