コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工論 じんこうろん artificialism

2件 の用語解説(人工論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工論
じんこうろん
artificialism

幼児の知的特徴を表わすために,J.ピアジェが提出した用語。幼児期において,たとえば「湖はおとなが掘って水を入れた」というふうに,すべての対象や現象は,人間がつくりだしたものだと認識される段階がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じんこうろん【人工論】

世の中のものはすべて人間が作ったものだと考える、幼児に特徴的な思考様式。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人工論の関連キーワードoctet表す・表わす・現す・現わす・顕す名は体を表す書表す言葉は立居を表すピア・ジョリー幼児のり「やまと」乳幼児死亡率幼児食ティック・チャート

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone