コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工論 じんこうろんartificialism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工論
じんこうろん
artificialism

幼児の知的特徴を表わすために,J.ピアジェが提出した用語幼児期において,たとえば「湖はおとなが掘って水を入れた」というふうに,すべての対象や現象は,人間がつくりだしたものだと認識される段階がある。このような幼児の思考方式を人工論と呼び,いわゆる自己中心的認知構造の一つと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じんこうろん【人工論】

世の中のものはすべて人間が作ったものだと考える、幼児に特徴的な思考様式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

人工論の関連キーワード因果的思考世の中

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人工論の関連情報