コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工論 じんこうろん artificialism

2件 の用語解説(人工論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工論
じんこうろん
artificialism

幼児の知的特徴を表わすために,J.ピアジェが提出した用語。幼児期において,たとえば「湖はおとなが掘って水を入れた」というふうに,すべての対象や現象は,人間がつくりだしたものだと認識される段階がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じんこうろん【人工論】

世の中のものはすべて人間が作ったものだと考える、幼児に特徴的な思考様式。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人工論の関連キーワードoctet表す・表わす・現す・現わす・顕す名は体を表す書表す言葉は立居を表すピア・ジョリー幼児のり「やまと」乳幼児死亡率幼児食ティック・チャート

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone