コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認知構造 にんちこうぞうcognitive structure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

認知構造
にんちこうぞう
cognitive structure

K.レビンの心理学で用いられた基本概念の一つ。行動する主体である生体に認知されたものとしての環境のこと。生体の要求などによりその内容が規定され,必ずしも物理的環境の正確な反映ではないが,行動の起り方に直接影響している。また学習や思考過程にみられる行動の変化を,認知構造の変化として説明する考え方もある。生活空間緊張体系などとともに,レビンの行動理論の中軸をなしている。最近では,多くの認知論的心理学説の中心概念となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

認知構造の関連キーワードデビッド・ポール オーズベルアンソニー ウォーレス生産的思考認知地図学習理論見通しCAI好奇心人工論選挙

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android