人権擁護局(読み)じんけんようごきょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「人権擁護局」の解説

人権擁護局
じんけんようごきょく

人権侵犯監視のために法務省におかれている内局。人権侵犯事件の調査と情報の収集,人身保護その他人権に対する侵害排除および被害の救済,貧困者の訴訟援助,民間における人権擁護運動の助長,自由人権思想の啓発活動など人権擁護に関する事務を司る。法務局に人権擁護部,地方法務局に人権擁護課,市町村区域人権擁護委員がおかれ,これらを通じて人権擁護行政にあたる。その事務の処理については,人権侵犯事件処理規定,人権相談取扱規定などに基づいて行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の人権擁護局の言及

【人権擁護委員】より

…それは,国家権力による人権の侵犯だけでなく,私人間における人権侵犯問題(顔役や雇用主が住民や被雇用者の人権を犯す場合やいわゆる村八分など)と広くかかわっているからである。 また,人権の擁護に関する事項を管掌する法務省の内局に人権擁護局がある。その所掌事務は,人権侵犯事件の調査や情報収集に関する事項,民間における人権擁護運動の助長に関する事項,人権擁護委員に関する事項,人身保護に関する事項,貧困者の訴訟援助に関する事項,その他人権擁護に関する事項である。…

【法務省】より

… 1871年(明治4)設置の司法省が1948年法務庁に,さらに49年法務府に改められ,52年法務省とされて今日に至っている。その内部組織は大臣官房および民事局,刑事局,矯正局,保護局,訟務局,人権擁護局,入国管理局の7局からなっている。大臣官房には司法法制調査部があり,また,司法試験関係の事務等を担当する。…

※「人権擁護局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android