侵害(読み)しんがい

精選版 日本国語大辞典「侵害」の解説

しん‐がい【侵害】

〘名〙 他人の権利や利益を侵し損害を与えること。
※令義解(833)戸「事有侵害。〈謂。害政及抑屈之類是也〉」
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「は非常の事に遇て侵害を被ることあるに臨み」 〔韓非子‐難三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「侵害」の解説

しん‐がい【侵害】

[名](スル)他人の権利や所有などをおかして損害を与えること。「著作権を侵害する」
[類語]侵略侵寇侵犯乱入侵す進入入り込む潜り込む忍び込む忍び入る紛れ込む割り込む分け入る潜入浸入闖入ちんにゅう流入深入り突入侵攻切り込む踏み込む乗り込む立ち入る押し入る駆け込む走り込む押し込む繰り込む上がり込む舞い込む足を踏み入れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「侵害」の解説

【侵害】しんがい

おかす。〔後漢書、李固伝〕自頃(このごろ)牧守擧するに、多くは其の人に非ず。を行ひ、百姓するに至る。

字通「侵」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android