コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人民のなかへ じんみんのなかへkhozhdenie v narod

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人民のなかへ
じんみんのなかへ
khozhdenie v narod

1870年代の帝政ロシアで起った社会活動家,学生,インテリゲンチアによる農民社会主義運動のスローガン。ナロードニキと呼ばれる当時の革命家たちは,人民 (農民) のなかに革命的行動を組織しようと,すすんで農村に入り,社会主義の宣伝や革命の必要を説く活動を行なっていった。このときの合言葉が,「ブ・ナロード (人民のなかへ) !」である。ナロードニキによれば,農民のなかにこそ革命的情熱と能力があり,かかる農民を反乱に決起させ,農村共同体を基礎にして社会主義を建設してゆかなければならないとした。こうして「ブ・ナロード!」のもとにペテルブルグ,モスクワなどの学生を中心に 2000~3000人の青年が農村に入っていった。この運動は 74年の夏に最高潮に達した。しかしながら運動そのものは,その目的をついに達しえず,政府の弾圧にあって壊滅した。 M.A.バクーニンと P.L.ラブロフがこの運動の理論的指導者であった。ほかに N.V.チャイコフスキー,V.I.ザスーリッチらの人物が有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

人民のなかへの関連キーワードアレクサンドル2世ペロフスカヤモロゾフ沈熏

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android