人生七十古来稀なり(読み)ジンセイシチジュウコライマレナリ

大辞林 第三版の解説

じんせいしちじゅうこらいまれなり【人生七十古来稀なり】

〔杜甫「曲江」〕
人の一生は短いもので、七〇歳まで生きる者は昔から少ない。 → 古希こき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じんせい【人生】 七十(しちじゅう)古来(こらい)(まれ)なり

七十歳まで長生きする者は昔からきわめて稀である。→古希(こき)
※歌謡・閑吟集(1518)「なにともなやなう、なにともなやなう、人生七十古来まれなり」 〔杜甫‐曲江詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android