コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こき コキ

デジタル大辞泉の解説

こき

[接頭]《動詞「こ(扱)く」の連用形から》動詞に付いて、その動作を容赦なく行う、はなはだしく行う、などの意を添える。「こきつかう」「こきおろす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

こきの関連キーワード人生七十古来稀なりジンフー(京胡)アルフー(二胡)レスピレーターこきりこ祭り中臣栗原子公私撰和歌集小気味悪い蓍に削り花こきりこ踊小気味好い古今帽子政府資金伊達こき腕っ扱きてんねき細胞呼吸そばっち長嶺花菜扱き元結

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こきの関連情報