古稀(読み)コキ

とっさの日本語便利帳の解説

古稀

中国唐代の詩人杜甫がつくった「曲江詩」の中にある「人生七十古来(人生七十、古来稀なり)」によって、七〇歳を古稀(古希とも)と称し、祝宴を開く。長寿の祝いは、従来は数え年でしたが、最近は還暦を除いて満年齢ですることが多くなった。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古稀
こき

70歳の年祝いをいう。中国の杜甫(とほ)の「曲江(きょくこう)」の詩にある「人生七十古来稀」の語句に基づく。還暦以後の年祝いはとくに異なったことは見当たらない。着物、座ぶとんを贈り、祝宴を開くことが一般に行われており、杖(つえ)を贈ることもある。香川県小豆(しょうど)島では70の祝いに大餅(おおもち)2個を贈るという。王朝時代の公卿(くぎょう)の年祝いには屏風(びょうぶ)を調進し、屏風絵、屏風歌をかいて祝いの席に立てる風習があった。70の賀をまた懸車(けんしゃ)の齢(れい)ともいった。これは中国の『漢書(かんじょ)』に、薛広徳(せつこうとく)が70の高齢で丞相(じょうしょう)の職を辞したとき、皇帝より老人用の車を賜ったとある故事に基づいたという。[大藤時彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古稀の関連情報