古稀(読み)こき

日本大百科全書(ニッポニカ)「古稀」の解説

古稀
こき

70歳の年祝いをいう。中国の杜甫(とほ)の「曲江(きょくこう)」の詩にある「人生七十古来」の語句に基づく。還暦以後の年祝いはとくに異なったことは見当たらない。着物、座ぶとんを贈り、祝宴を開くことが一般に行われており、杖(つえ)を贈ることもある。香川県小豆(しょうど)島では70の祝いに大餅(おおもち)2個を贈るという。王朝時代の公卿(くぎょう)の年祝いには屏風(びょうぶ)を調進し、屏風絵、屏風歌をかいて祝いの席に立てる風習があった。70の賀をまた懸車(けんしゃ)の齢(れい)ともいった。これは中国の『漢書(かんじょ)』に、薛広徳(せつこうとく)が70の高齢で丞相(じょうしょう)の職を辞したとき、皇帝より老人用の車を賜ったとある故事に基づいたという。

[大藤時彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

故事成語を知る辞典「古稀」の解説

古稀

七〇歳のこと。

[使用例] その年の正月にはおくればせながら父も古稀の祝いを兼ねて、病中世話になった親戚知人のもとへしるしばかりのを配ったほど健康を回復した[島崎藤村夜明け前|1929~35]

[由来] 八世紀、唐王朝の時代の中国の詩人の詩の一節から。戦乱の中で家族と離れ離れとなり、反乱軍に制圧された都で暮らしていた杜甫は、衣服を質に入れて酒を飲んでばかりいました。そして、「酒代の借りはそこらじゅうにあるが、『人生七十、古来まれなり(どうせ人間なんて、めったに七〇歳まで生きやしないのだから、今を楽しむしかない)』」と、世の中の乱れにすさんだ気分を吐き出しています。このとき、杜甫はまだ四〇代の半ばでした。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

とっさの日本語便利帳「古稀」の解説

古稀

中国唐代の詩人・杜甫がつくった「曲江詩」の中にある「人生七十古来稀(人生七十、古来稀なり)」によって、七〇歳を古稀(古希とも)と称し、祝宴を開く。長寿の祝いは、従来数え年でしたが、最近は還暦を除いて満年齢ですることが多くなった。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android