コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人見城民 ひとみ じょうみん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

人見城民 ひとみ-じょうみん

1894-1972 大正-昭和時代の漆芸家。
明治27年1月2日生まれ。日光の上野桐恵に弟子入りし,日光彫と漆工芸をまなぶ。大正10年ごろ日光堆朱(ついしゅ)の技法を開発した。昭和47年10月4日死去。78歳。栃木県出身。本名は与四郎。初号は笑友。作品に「薬草図日光堆朱硯筥」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

人見城民の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android