コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人道のための干渉 じんどうのためのかんしょうhumanitarian intervention

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人道のための干渉
じんどうのためのかんしょう
humanitarian intervention

伝統的国際法のもとでは,ある国の政府が自国領域内の異民族を人種上,宗教上の理由により迫害する場合,外国がそのような行為を中止させるために,強制的に介入することをいう。「人道」という抽象的観念が介入の基準となるため,干渉国の裁量にゆだねられ,濫用危険性がある。現代の国際社会においては,武力行使禁止の原則との両立問題もある。他方,人道のための干渉の今日的意味として,人権の国際的保護との関係がある。人権の尊重は今日国際法上の基本的価値であるため,一国内で著しい人権侵害が行われるときは,その国に人権侵害を中止させるため他国が干渉することは,国連を通じて集団的に行うなどの方法により濫用の危険性をなくすことができれば不法とはいえないといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

人道のための干渉の関連キーワード内政不干渉の原則干渉(国際法)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android