コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人類最後の日々 じんるいさいごのひびDie letzten Tage der Menschheit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人類最後の日々
じんるいさいごのひび
Die letzten Tage der Menschheit

オーストリアの作家 K.クラウス戯曲。第1次世界大戦中に書かれ,1918~21年発表,22年刊。序幕エピローグと5幕,220場から成る長大な作品。戦場における悲惨と死の商人暗躍とが余さず描かれ,人類滅亡という結末で終る。人類に警告を発した壮大な表現主義ドラマ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

人類最後の日々の関連キーワードカール クラウスオーストリア

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android