コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人魚の像 にんぎょのぞう

1件 の用語解説(人魚の像の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

にんぎょのぞう【人魚の像】

デンマークの首都コペンハーゲンのランゲリルニエ埠頭沿い、岩の多い波打ち際の石の上にたたずむ像。同国を代表する童話作家・詩人のアンデルセン(Hans Christian Andersen、1805~1875年)の童話『人魚姫』をモチーフに、1913年に彫刻家エドワード・エリクセン(Edvard Erichsen)が制作したもので、コペンハーゲンのシンボルの一つになっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人魚の像の関連キーワードコペンハーゲンコペンハーゲン学派シェラン島コペンハーゲンブルーゲフィオンの泉ストロイエスロッツホルメンコンチェルト・コペンハーゲンデンマーク王立管弦楽団コペンハーゲンカーニバル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone