コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人魚姫 ニンギョヒメ

3件 の用語解説(人魚姫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にんぎょひめ【人魚姫】

《原題、〈デンマークDen lille Havfrueアンデルセンが1837年に発表した童話。人魚の王の末娘が人間の王子に恋心をいだき、仙女の力を借りて人間の姿になるが、悲恋に終わる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

人魚姫

日本のポピュラー音楽。歌はシンガーソングライター、安藤裕子(ゆうこ)。2015年発売のアルバムあなたが寝てる間に」収録曲。NHKで放送のドラマ全力離婚相談」の主題歌

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人魚姫
にんぎょひめ
Den lille Havfrue

アンデルセンの童話。1837年作。15歳になって初めて海上に浮かび出た人魚王の末娘は、船に乗っていた人間の王子を見そめ、嵐(あらし)で船が沈んだとき必死で王子を助けるが、失神していた王子はそれに気づかない。姫は魔女の助けで、美しい声と引き換えに人間の姿にしてもらい、王子の城に行って侍女になる。しかし王子は姫を命の恩人と知らず、隣国の王女と結婚する。王子の愛を得られなかった姫は、人間にもなれず、人魚にも戻れず、ついに海に身を投げるが、その魂は空へ昇ってゆく。アンデルセンの童話としては最初期に属する作だが、情景と文章の美しさ、愛の観念の至純さなどで、彼の童話の本領を初めて広く世界に知らせた名作である。[山室 静]
『高橋健二訳『アンデルセン童話全集1』(1979・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人魚姫の関連キーワードダンマルクデンマーク体操ハンマークラビアデンマーク連合王国デンパークデンマーク王立歌劇場管弦楽団デンマーク王立管弦楽団ハンマー・オブ・エデンフライト・トゥ・デンマークデンマーク温血種 (Danish Warmblood)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人魚姫の関連情報