仁寺洞(読み)にんじどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

にんじどう【仁寺洞】

韓国の首都ソウルの鍾路区にある、骨董・古美術店、ギャラリー、陶磁器店、工芸品店が集積するエリア。朝鮮王朝時代には王宮に通う両班たちの住む屋敷が立ち並んでいた一角で、19世紀末に生活に困窮した両班が家産を売る骨董品店を開業したのが、その始まりとされている。現在、画家や陶工の作品を展示・販売するギャラリーや、伝統茶を出す喫茶店、カフェ・レストランも多数できて、観光客にも人気のスポットとなっている。◇「インサドン」とも読む。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仁寺洞の関連情報