コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁寺洞 にんじどう

1件 の用語解説(仁寺洞の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

にんじどう【仁寺洞】

韓国の首都ソウルの鍾路区にある、骨董・古美術店、ギャラリー陶磁器店、工芸品店が集積するエリア朝鮮王朝時代には王宮に通う両班たちの住む屋敷が立ち並んでいた一角で、19世紀末に生活に困窮した両班が家産を売る骨董品店を開業したのが、その始まりとされている。現在、画家や陶工の作品を展示・販売するギャラリーや、伝統茶を出す喫茶店カフェレストランも多数できて、観光客にも人気のスポットとなっている。◇「インサドン」とも読む。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仁寺洞の関連情報