コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁寺洞 にんじどう

1件 の用語解説(仁寺洞の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

にんじどう【仁寺洞】

韓国の首都ソウルの鍾路区にある、骨董・古美術店、ギャラリー陶磁器店、工芸品店が集積するエリア朝鮮王朝時代には王宮に通う両班たちの住む屋敷が立ち並んでいた一角で、19世紀末に生活に困窮した両班が家産を売る骨董品店を開業したのが、その始まりとされている。現在、画家や陶工の作品を展示・販売するギャラリーや、伝統茶を出す喫茶店カフェレストランも多数できて、観光客にも人気のスポットとなっている。◇「インサドン」とも読む。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仁寺洞の関連キーワードラパス安養仁川ソウル大学校グランサブロン広場ジュドバル広場SeoulӨргөө宗廟祭礼北漢山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仁寺洞の関連情報