コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁康 にんこう

朝日日本歴史人物事典の解説

仁康

生年:生没年不詳
平安中期の祇陀林寺(広幡院)の僧。河原左大臣源融の3男と伝えられる。天台座主良源の弟子。風流をつくしたといわれた融の別荘河原院(東六条院)の跡地は荒廃して仏閣となっていたが,正暦2(991)年,ここに仁康が知識を募って丈六釈迦仏の造立と華厳経書写を行い,その供養の五時講を行った。さらに長保2(1000)年,この仏を融の六条の別邸のあった祇陀林寺に移した。治安3(1019)年には疫病を鎮めるために,地蔵信仰を広め,多くの庶民の信者を集めた。80歳のとき西向直居し,阿弥陀と地蔵の名号を唱えて没した。なお『江談抄』に時期は不詳ながら入唐のとき,母のために六波羅蜜寺で法会を行ったとある。

(勝浦令子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

仁康の関連キーワードフェルビースト斉藤 芳之都中平 福之一山下 松琴松本 操貞大月 忠道斎藤芳之都松本操貞

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仁康の関連情報