コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈迦如来 シャカニョライ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

釈迦如来 しゃかにょらい

?-? 仏教の開祖。
ネパール南部の釈迦族の王子として紀元前6-前5世紀に生まれる。29歳で出家し苦行ののち悟りをひらき,インド各地で布教して80歳で没したとされる。別称釈迦牟尼(むに),釈尊。仏の十号のひとつ如来とは真理をさとった者の意で,仏や仏陀(ぶっだ)と同義。はじめ実在の釈迦をさしたが,入滅後,超人化・神格化されて信仰・崇拝の対象となる。日本には6世紀,百済(くだら)(朝鮮)からその教えがつたわった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃかにょらい【釈迦如来】

釈迦の尊称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

釈迦如来の関連キーワード京都府京都市右京区梅ケ畑槇尾町京都府木津川市山城町綺田滋賀県長浜市高月町尾山京都府綾部市安国寺町岐阜県岐阜市三輪阿仏房妙宣寺慈恩護国禅寺黒瀧山不動寺火に入る虫金剛宝戒寺まそっと大慈恩寺勇施菩薩大慈禅寺円覚寺鶏足寺国泰寺清涼寺浄智寺善福院

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釈迦如来の関連情報