釈迦如来(読み)しゃかにょらい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「釈迦如来」の解説

釈迦如来 しゃかにょらい

?-? 仏教開祖
ネパール南部の釈迦族王子として紀元前6-前5世紀に生まれる。29歳で出家し苦行ののち悟りをひらき,インド各地で布教して80歳で没したとされる。別称釈迦牟尼(むに),釈尊。の十号のひとつ如来とは真理をさとった者ので,仏や仏陀(ぶっだ)と同義。はじめ実在の釈迦をさしたが,入滅後,超人化・神格化されて信仰崇拝の対象となる。日本には6世紀,百済(くだら)(朝鮮)からその教えがつたわった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「釈迦如来」の解説

しゃか‐にょらい【釈迦如来】

(釈迦牟尼の尊称) =しゃか(釈迦)(一)(二)
万葉(8C後)五・八〇二序文「釈迦如来金口正説 等思衆生羅睺羅

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android