釈迦如来(読み)しゃかにょらい

  • 釈迦如来 しゃかにょらい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-? 仏教の開祖。
ネパール南部の釈迦族王子として紀元前6-前5世紀に生まれる。29歳で出家し苦行ののち悟りをひらき,インド各地で布教して80歳で没したとされる。別称釈迦牟尼(むに),釈尊。の十号のひとつ如来とは真理をさとった者ので,仏や仏陀(ぶっだ)と同義。はじめ実在の釈迦をさしたが,入滅後,超人化・神格化されて信仰崇拝の対象となる。日本には6世紀,百済(くだら)(朝鮮)からその教えがつたわった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(釈迦牟尼の尊称) =しゃか(釈迦)(一)(二)
※万葉(8C後)五・八〇二序文「釈迦如来金口正説 等思衆生羅睺羅

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釈迦如来の関連情報