仁智 栄坊(読み)ニチ エイボウ

20世紀日本人名事典の解説

仁智 栄坊
ニチ エイボウ

昭和期の俳人



生年
明治43(1910)年7月8日

没年
平成5(1993)年3月31日

出生地
高知市

本名
北尾 一水(キタオ カズミ)

学歴〔年〕
大阪外語露語科卒

経歴
昭和8年大阪逓信局に入り、露語放送に従事。9年岸風三楼らに誘われて京大俳句会会員となり、諷刺風の自由奔放な俳句を多く発表した。15年京大俳句弾圧事件に連座、投獄される。16年渡満し、満州電信電話ハルピン放送局に勤務。敗戦でシベリアに長く抑留され、24年引揚げ。戦後、「芭蕉」同人、「三角点」同人投句したが、やがて俳壇とは無縁となる。39〜45年石川島播磨造船所に勤務し、のちに神戸で通訳業に就く。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android