仁義を切る(読み)じんぎをきる

精選版 日本国語大辞典「仁義を切る」の解説

じんぎ【仁義】 を 切(き)

① 博徒・てきや・露天商などの仲間で、初対面の時に特殊な形の挨拶(あいさつ)を交わす。一定形式があり、この挨拶を交わすことによって、仲間として待遇される。
※医師高間房一氏(1941)〈田畑修一郎〉三「あのいくらか仁義を切るやうな半シャツの男の身構へだの」
② 俗に、仕事上のことなどで、事が円滑に運ぶように同業者などに挨拶をしておくことをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「仁義を切る」の解説

仁義じんぎ・る

ばくち打ち・香具師やしなどの間で、独特の形式に基づいた初対面のあいさつを交わす。また転じて、事をなすにあたって、先任者・関連部署などにひととおりのあいさつをしておく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android