コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井儀右衛門 いまい ぎえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井儀右衛門 いまい-ぎえもん

?-? 江戸時代中期の陶業家。
薩摩(さつま)(鹿児島県)平佐(ひらさ)郷の人。平佐焼の開祖とされる。安永5年(1776)磁器製造の窯をひらくが,資金がつづかず挫折(ざせつ)する。のち平佐領主北郷久陣(ほんごう-ひさつら)の家臣伊知地団右衛門が,領主の後援をうけて窯をひらき,肥前有田(佐賀県)の陶工をまねいて平佐焼とよばれる磁器を生産,企業化に成功した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android