今井政之(読み)いまい まさゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井政之 いまい-まさゆき

1930- 昭和後期-平成時代の陶芸家。
昭和5年12月25日生まれ。昭和22年備前焼の修業をはじめる。28年から楠部弥弌(くすべ-やいち)に師事し,青陶会の創立同人となる。34,38年に日展北斗賞。平成元年創工会を結成。10年「赫窯双蟹」で芸術院賞。同年日展理事。苔泥彩とよばれる独特の技法を生みだす。15年芸術院会員。23年文化功労者。広島県出身。竹原工卒。作品に「泥彩盤」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今井政之の関連情報