コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今村百八郎 いまむら ひゃくはちろう

2件 の用語解説(今村百八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今村百八郎 いまむら-ひゃくはちろう

1842-1876 幕末-明治時代の武士,士族。
天保(てんぽう)13年生まれ。宮崎車之助の弟。筑前(ちくぜん)(福岡県)秋月藩士。明治9年熊本の神風連(じんぷうれん)の乱に呼応して,兄や磯淳(いそ-あつし)らとともに挙兵(秋月の乱)。豊前(ぶぜん)豊津(福岡県)で小倉鎮台兵に敗れる。同年12月3日処刑された。35歳。本姓は宮崎。名は増賀。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

今村百八郎

没年:明治9.12.3(1876)
生年:天保13(1842)
幕末維新期の筑前秋月藩(福岡県)藩士,士族反乱の指導者。宮崎丹下の3男,車之助の弟。今村家の養子となる。熊本神風連に呼応するように,明治9(1876)年10月27日益田静方,兄車之助らと共に挙兵,政府軍に敗れ処刑される。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の今村百八郎の言及

【秋月の乱】より

…秋月党の主張は主として国権の拡張にあり,とくに〈征韓〉問題に対する政府の処置に反対した。福岡県士族(旧秋月藩士)宮崎車之助,今村百八郎(宮崎の実弟),磯淳らは,神風連の挙兵(10月24日)を知り,10月27日,約250名(400名とも500名ともいう)で立ち上がり,豊前豊津に入り,旧小倉の士族を強誘して萩の前原軍(10月28日挙兵)と合流を企図した。しかし,小倉の士族は呼応せず,福岡・小倉の政府軍にほどなく鎮圧された。…

※「今村百八郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今村百八郎の関連キーワード秋月の乱今村百八郎アメリカ音楽スラブ音楽柳亭種彦アフガン戦争アヘン戦争科学史広東十三行紀行文学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone