コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊津 とよつ

2件 の用語解説(豊津の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊津
とよつ

福岡県東部,みやこ町東部の旧町域。周防灘に注ぐ今川,祓川の下流域に位置する。 1955年豊津村と祓郷村の一部が合体して町制施行。 2006年犀川町,勝山町と合体して,みやこ町となった。付近は豊前国府の所在地で開発は古い (→豊前国 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊津
とよつ

福岡県北東部、京都(みやこ)郡にあった旧町名(豊津町(まち))。現在はみやこ町の北東部を占める。旧豊津町は1955年(昭和30)豊津村と祓郷(はらいごう)村の一部が合併して町制施行。2006年(平成18)勝山(かつやま)町、犀川(さいがわ)町と合併しみやこ町となった。旧豊津町域は洪積台地が広く分布し、祓川沿いに沖積低地が展開、平成筑豊鉄道田川(たがわ)線が西端を通過、中央部を国道496号が縦断する。また、東部には椎田(しいだ)道路が通じる。古くは豊前(ぶぜん)国の中心である国府の所在地であったといわれ、1871年(明治4)7月廃藩置県当初は豊津県庁(同年11月小倉(こくら)県)が置かれた。主産業は農業で、稲作をはじめ、ブドウ、ウメ、イチゴ栽培、畜産が盛んであるが、北九州市方面への通勤者も多い。見どころとして八景山自然公園、小笠原(おがさわら)神社、国分(こくぶん)寺、小倉藩小笠原氏時代の武家屋敷などがあるが、国分寺一帯は豊前国分寺跡として国指定史跡、明治になって建立された三重塔がある。[石黒正紀]
『『豊津町史』全2冊(1998・豊津町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊津の関連キーワード豊前福岡県京都郡みやこ町蔵持福岡県京都郡みやこ町国分福岡県京都郡みやこ町下原福岡県京都郡みやこ町田中福岡県京都郡みやこ町徳政福岡県京都郡みやこ町徳永福岡県京都郡みやこ町豊津福岡県京都郡福岡県京都郡みやこ町吉岡

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊津の関連情報