今治タオル(読み)いまばりたおる

事典 日本の地域ブランド・名産品「今治タオル」の解説

今治タオル[繊維・刺繍]
いまばりたおる

四国地方愛媛県の地域ブランド。
愛媛県今治地域産のタオル。1894(明治27)年に今治市阿部平助白木綿不振の打開策としてタオル織物をつくったことに始まる。大正時代には大阪に次ぐ生産高を誇るようになり、現在では全国有数のタオル産地である。今治には晒しや染めに適した良質の水が豊富にあり、天然の軟水で晒しがおこなわれることで繊維にやさしい仕上げとなる。現在では、タオルの風合いをいかしたバスローブスリッパなど多様なニーズに応えた商品が多数誕生。ブランドロゴはアートディレクター・佐藤可士和によるもの。2007(平成19)年7月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5060813号。地域団体商標の権利者は、四国タオル工業組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android