白木綿(読み)シラユウ

大辞林 第三版の解説

しらゆう【白木綿】

白色のゆう。

しろもめん【白木綿】

白無地の木綿織物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しら‐ゆう ‥ゆふ【白木綿】

〘名〙
① 白いゆう。楮(こうぞ)の皮をさらしたりして白い紐(ひも)状にしたもの。幣帛(へいはく)として榊(さかき)、しめなわなどにつける。
※詞花(1151頃)冬・一五七「くれなゐに見えしこずゑも雪降ればしらゆふかくる神なみの杜(もり)〈藤原忠通〉」
② 植物、浜木綿(はまゆう)をいう。〔俳諧・類船集(1676)〕

しろ‐もめん【白木綿】

〘名〙
紡績糸を漂白したもの。また、染色しない木綿糸で織った布。
※狂歌・後撰夷曲集(1672)一〇「をりおろしにつきにけらし白木綿衣をすてふ尼のこしらへ」
② 川をいう隠語。
※いやな感じ(1960‐63)〈高見順〉四「シロモメン(川)の水がまるで泥の流れのように」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白木綿の関連情報