コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今焼(き) イマヤキ

デジタル大辞泉の解説

いま‐やき【今焼(き)】

古い伝統的なものに対して、新しく焼かれた焼き物。歴史的には利休時代の楽焼きなどをさすが、慶長年間(1596~1615)には茶入れ・黒茶碗・香合なども今焼きと呼ばれた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今焼(き)の関連キーワード高麗茶碗長次郎焼酎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android