焼物(読み)やきもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焼物
やきもの

高温で加熱した食品,およびその調理法。煮物蒸し物と異なり,温度の上昇に制限がないのでむずかしい調理法である。しかし高温のために,食品の表面に焦げ目をつけることができる。焼き方には直火焼と間接焼がある。食品を串に刺して焼く串焼金網に載せて焼く網焼は前者に属する。なかでも魚の塩焼や醤油,味醂などを合せた調味料をつけて焼く照焼が一般的である。間接焼には板焼,天火焼がある。また懐石料理などでは献立の一品目をいう。

焼物
やきもの

陶磁器」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やきもの【焼物】

魚貝類,鳥獣肉,野菜などを焼く料理。材料を直接火にかざすなど,加熱のための容器をかならずしも必要としない最も原初的,基本的な調理法である。日本では古く〈あぶりもの〉といい,〈炙〉の字を用いた。平安時代から宮廷の供宴などに多く見られるのは包焼き(裹焼)(つつみやき),別足(べつそく),ぬかご焼きである。包焼きは,《万葉集》に〈裹める鮒(ふな)〉などと見え,濡らした葉などでフナを包んで焼いたとも考えられるが,室町期の《庖丁聞書》や《四条流庖丁書》には,フナの腹に結び昆布,串柿(くしがき),ケシ,クルミ,焼栗などを入れて焼き,あるいは煮るものとしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やき‐もの【焼物】

〘名〙
① 火の上で焼いて作った料理の総称。特に、日本料理の献立では、魚を焼いたものをいう。
※今昔(1120頃か)三〇「煎(いり)物にても甘(むま)し、焼物にても美(むま)き奴ぞかし」
② 陶器・磁器・土器など、土や石の粉末を焼いて作ったものの総称。
※梅津政景日記‐元和八年(1622)四月二日「藤右衛門佐様より為御音信焼物被下候」
③ やきを入れて作った刃物、刀剣の類。
※浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)職人尽し「もとは焼刃のやき物なれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼物の関連情報