コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼物 やきもの

4件 の用語解説(焼物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焼物
やきもの

高温で加熱した食品,およびその調理法。煮物蒸し物と異なり,温度の上昇に制限がないのでむずかしい調理法である。しかし高温のために,食品の表面に焦げ目をつけることができる。焼き方には直火焼と間接焼がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

焼物
やきもの

陶磁器」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やき‐もの【焼(き)物】

陶器磁器炻器(せっき)土器の総称。
魚・鳥・獣肉などをあぶり焼きにした料理。
金属に焼きを入れて鍛えたもの。刃物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やきもの【焼物】

魚貝類,鳥獣肉,野菜などを焼く料理。材料を直接火にかざすなど,加熱のための容器をかならずしも必要としない最も原初的,基本的な調理法である。日本では古く〈あぶりもの〉といい,〈炙〉の字を用いた。平安時代から宮廷の供宴などに多く見られるのは包焼き(裹焼)(つつみやき),別足(べつそく),ぬかご焼きである。包焼きは,《万葉集》に〈裹める鮒(ふな)〉などと見え,濡らした葉などでフナを包んで焼いたとも考えられるが,室町期の《庖丁聞書》《四条流庖丁書》には,フナの腹に結び昆布,串柿(くしがき),ケシ,クルミ,焼栗などを入れて焼き,あるいは煮るものとしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

焼物の関連キーワードベニエ火鍋子網焼貝焼串焼貝焼き石焼き串焼き鍬焼きホイル焼き

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

焼物の関連情報