コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼物 やきもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焼物
やきもの

高温で加熱した食品,およびその調理法。煮物蒸し物と異なり,温度の上昇に制限がないのでむずかしい調理法である。しかし高温のために,食品の表面に焦げ目をつけることができる。焼き方には直火焼と間接焼がある。食品を串に刺して焼く串焼金網に載せて焼く網焼は前者に属する。なかでも魚の塩焼や醤油,味醂などを合せた調味料をつけて焼く照焼が一般的である。間接焼には板焼,天火焼がある。また懐石料理などでは献立の一品目をいう。

焼物
やきもの

陶磁器」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やきもの【焼物】

魚貝類,鳥獣肉,野菜などを焼く料理。材料を直接火にかざすなど,加熱のための容器をかならずしも必要としない最も原初的,基本的な調理法である。日本では古く〈あぶりもの〉といい,〈炙〉の字を用いた。平安時代から宮廷の供宴などに多く見られるのは包焼き(裹焼)(つつみやき),別足(べつそく),ぬかご焼きである。包焼きは,《万葉集》に〈裹める鮒(ふな)〉などと見え,濡らした葉などでフナを包んで焼いたとも考えられるが,室町期の《庖丁聞書》や《四条流庖丁書》には,フナの腹に結び昆布,串柿(くしがき),ケシ,クルミ,焼栗などを入れて焼き,あるいは煮るものとしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

焼物の関連キーワード紀太理兵衛(4代)紀太理兵衛(8代)紀太理兵衛(5代)紀太理兵衛(6代)土屋善四郎(初代)紀太理兵衛(3代)沖縄県那覇市壺屋佐伯半六(初代)しぎ焼(鴫焼)下り杯・下り盃長崎三彩焼つくばね焼五浦天心焼カラカラー天草陶磁器内田皿山焼みかも焼しいさあ永楽妙全あんのし

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼物の関連情報