コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今田靱負 いまだ ゆきえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今田靱負 いまだ-ゆきえ

1832-1866 幕末の武士。
天保(てんぽう)3年生まれ。周防(すおう)(山口県)岩国吉川(きっかわ)家の中老。領主吉川経幹(つねまさ)を補佐し,文久3年の八月十八日の政変後の宗家萩(はぎ)藩をたすける。第2次幕長戦争にあたって,幕府に萩藩処分の再考をもとめた。幕府との休戦が成立した直後の慶応2年9月16日病死。35歳。本姓は粟屋。名は靖之。号は立所。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今田靱負の関連キーワードハモンドハモンドアービング(Washington Irving)バルザックジョン・L.L.B. ハモンドマンスフェルトシーボルトダービー(伯)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ネクラーソフ(Nikolay Alekseevich Nekrasov)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android