コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今西伊之吉 いまにし いのきち

1件 の用語解説(今西伊之吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今西伊之吉 いまにし-いのきち

1875-1922 明治-大正時代の郷土史家。
明治8年10月17日生まれ。郷里奈良県の歴史に関心をもち,12歳のとき「安倍村考」をあらわす。早大在学中に喜田貞吉(きた-さだきち)を知り,のち京都帝大の喜田研究室助手となる。根本史料を筆写するなど大和史研究に功績をのこした。大正11年7月17日死去。48歳。号は香畝。著作に「高市郡(たかいちぐん)史跡略考」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今西伊之吉の関連キーワードブラジル文学宮嶋資夫宗谷本線日本共産党ポピュリスト党ロダン岩崎弥太郎閃長岩輝緑岩真壁騒動

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone